不動産投資信託の魅力、本業とは別の副収入にするには

すぐに利益を上げられる資産運用法を知る

契約をする前に

家賃相場を徹底的に調べよう

アパートや一棟売りマンション等の収益物件を購入して、賃貸経営を行いたい投資家が増えています。その背景には、将来の「インフレ」への期待感があり、一般的に不動産はインフレに強い資産とされていることがあります。 では、賃貸経営を行うにあたって注意すべきことは何でしょうか。 いうまでもなく、賃貸経営の成否は、入居者(賃借人)がいることにかかっています。空室が多い物件では、月々の家賃収入よりも借入金の返済金額のほうが上回ってしまうことになりかねません。 常に満室稼働を目指すためには、家賃をいくらに設定するかが大変重要となります。インターネット等で所有物件が所在するエリアの相場を調べることが可能となっていますので、精緻に分析して家賃を決定するようにしましょう。

物件の管理は人任せにしない

すでに日本は、人口減少社会に突入しており、空き家率も全国平均で10%を超える状況となっています。これは、アパートやマンション等の貸家でも同様であり、アパートやマンションを作れば入居者がすぐに決まるという時代は終了しました。また、貸家自体が飽和状態にあり、満室稼働状態で賃貸経営を維持するためには、他の競合物件との差別化が今後重要となります。 しかしながら、これから新築する場合ならまだしも、中古物件を保有している場合には、間取り等が競合物件と類似することが多いために、差別化を図ることは容易ではありません。 そこで大切になるのが、「物件の清掃を徹底する」ことに注力しましょう。賃貸経営を行う大家さんの多くは、清掃を含む物件管理を管理会社に委託しており、普段ほとんど物件を見ないことがほとんどなのです。管理会社も毎日清掃はしませんので、ゴミ置場等が大変汚れて物件自体の美観を損なっている場合が多く、これでは新しい入居者は決まりません。清掃を徹底することだけで差別化を図ることは実は十分に可能なのです。