不動産投資信託の魅力、本業とは別の副収入にするには

すぐに利益を上げられる資産運用法を知る

必要な手数料

家賃保証の契約にかかる手数料

賃貸経営をしていく上ではリスクを削減するという考え方を重視する場合があります。そういった場合に役立つのが管理会社と家賃保証の契約を結ぶという方法です。これによって管理業務の委託をしてしまうことが可能であり、空室の有無にかかわらず一定の収入を得られるようになります。 家賃保証の契約をする際には必ず手数料がかかることになります。空室がの有無に過かわらず一定の賃料が支払われるということになるため、そのリスク分の収入が管理会社にも必要になるからです。その空室リスクによって変動があるものの、一般的には家賃保証の契約を行うにあたっては満室時の家賃収入の一割から二割程度が手数料として設定される傾向があります。

契約をすることの代表的なメリット

家賃保証の契約を結ぶことによって、オーナーはその管理業務を委託することができます。そのため、家賃の集金や滞納の催促といった入居とのやりとり、空室対策、トラブル処理等を全て管理会社に任せてしまうことが可能です。そのため、実質上入居者と一度も顔を会わせなくとも賃貸経営を行っていくことが可能になります。 また、空室の有無にかかわらず一定額の賃料を管理会社から受け取ることができます。そのため、地域の事情の変化等によって急激に空室が増えることがあっても、その契約が続いている限りは収入が変動しないというメリットがあります。また、修繕等のタイミングを連絡してもらうこともできるため、不動産管理の一切を任せてしまうことができるのが家賃保証契約をするメリットです。