不動産投資信託の魅力、本業とは別の副収入にするには

すぐに利益を上げられる資産運用法を知る

NEW

興味をもつ人達

不動産投資信託に興味をもつ人は増えています。その理由には、誰でも始めやすいという事と、流動性の高さがあるでしょう。資産運用方法に、不動産投資信託を選ぶ人は多くいるのです。需要が高い方法だと言われています。

続きを読む

特性を知ろう

不動産物件を一括借り上げする事には、メリットもありますが、気をつけるべき点もあります。その特性を知る事によって、もしもの事態を防ぐ事が出来るでしょう。損をしない為には、知識を蓄える必要があります。

続きを読む

必要な手数料

契約をする時には、保証をする為の手数料を支払う必要があります。物件のオーナーが、全ての管理をする事は難しく、そういったサポートを家賃保証会社が担う事で楽をする事が出来ます。手数料はそういったものを一任する為に支払います。

続きを読む

変動する不動産価格

マンション管理者なら必ずやっておきたい家賃保証はここで相談できますよ。口コミも掲載されているので参考にしましょう。

持っている土地を有効に利用して賃貸経営を始めましょう。管理も業者に任せれば簡単に収入も得られます。

不動産価格が上がる条件は揃っています

上場不動産投資信託の投資口価格は緩やかに上昇を続けるものと考えられます。現在、個人投資家だけでなく機関投資家も積極的に上場不動産投資信託に投資をしていますが、一旦、価格調整があるものの、その後の賃料相場の底堅い推移を確認することができれば、再び上昇基調に転じるものと考えられます。都市部のオフィスビルの賃料は底を打ち、家賃の値上げ交渉が成功しているケースが散見されます。また、大型オフィスビルの供給がされても、空室率は一時的に上がるものの、数か月でまた下がり始めています。外国人旅行客の増加もあり、経済は盛り上がってきており、持続的なインフレーションの足音も聞こえ始め、不動産価格及び家賃が上がる条件が揃ってきていると言えます。

急上昇に備えておきましょう

家賃が増えれば上場不動産投資信託の分配金も増えますから分配金利回りは上がり、利回りに魅力を感じた投資家が買いを入れるという構造です。気を付けなければならないことは、急激な上昇です。過去の不動産市況を見ると、説明できないような上昇をする時期が数度ありました。この時は短期間で急激に価格が上がり、その後、急激に価格を下げています。売るタイミングをなかなか決断できないというのであれば、同じ銘柄の上場不動産投資信託を複数口保有して、急激な上昇を確認することができたら切り売りをしていきましょう。この時、一部を残して分配金をもらい続ける部分を残していても構いません。とにかく急上昇した時にキャピタルゲインを得られる形は作っておきましょう。

記事一覧

契約をする前に

賃貸物件の賃料というのは、地域によって異なるものです。構造上の問題ではなく、地域の賃料の相場を知る事は物件探しに役立つでしょう。賃貸経営をするオーナーは、相場に沿って賃料設定をするようにしています。

続きを読む

投資顧問の選び方

投資顧問を利用する時は、事前に評判などの情報を得ておくといいでしょう。うまい誘い文句を並べる人も中にはいるものです。自分にとって損のない利用法を知っておくと、トラブルを未然に防ぐ事が出来ます。

続きを読む